読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えねぐーの日記

高校受験英語についてのブログです

電子辞書より紙の辞書がいい!という風潮がネットに蔓延り過ぎてる件【中高生の親御さん向け】

こんにちは。えねぐーです。

先日こんな記事を書いたところ、かなりの人が閲覧してくれたようなので違う角度からもう少し踏み込んだ話を書きたいと思います。

 

juniorhighschoolenglish.hatenablog.com

 

先日の記事では、紙の辞書は購入する必要はない!と明言いたしました。詳しくは上のリンクをご覧ください。普通程度の学力の中学生なら電子辞書も不要という見解です。

 

その後私もグーグルで検索をかけてみたところ、ネットには「電子辞書より紙の辞書がやっぱりいい!」という意見が意外と多くて正直驚きました。2017年、ハイテクの時代においてなぜテクノロジーの恩恵を自ら手放すような選択を勧める意見がこれほど多いのか疑問に感じたからです。そこで今回はもう語り尽くされているかもしれませんが、主な電子辞書への批判と、それに真っ向から対立する私の意見を書いていきたいと思います。

 

 

≪電子辞書への批判①‥紙の辞書を引く過程が大事なんだ!≫

 

つまり紙の辞書だと自分の頭でアルファベットの順番を考えて、調べたい単語はどこにあるかなーという思考が働くのでそれがスペルを暗記するのに良いということですかね。

正直に言います。大抵の中学生にとってそして大人にとっても、辞書を引くという行為は面倒くさいです。出来れば避けたいです。面倒くさいと思う気持ち>>得られる知識 という図式が紙の辞書だと生まれてしまうのです。

 

例えばこの記事を読んで下さっている方はスマホかパソコンを利用できる環境にあると思うのですが、知らない漢字や用語を現代においてわざわざ家においてある辞書を使って調べますか?答えは99%の確率でNOだと思います。googleの検索スペースや、Siriちゃんに尋ねれば一発でほしい情報を提供してくれますからね。自分は面倒くさいことを嫌うのに、なぜ英語を学び始めた中学生や高校生は分厚い辞書を使って勉強に余計な労力をかけなければいけないのでしょうか?「私は知らない言葉に出会ったら今でも自宅の広辞苑で調べる習慣があるわ」というお母さまのみがお子さんに紙の辞書を勧める権利があると思っています。自分は楽しているのに子に余計な手間をかけさせるのは矛盾が過ぎていると感じます。

これらの発想は、苦労をかけただけ良いという悪い文化の象徴だとさえ感じています。逆に辞書を引くなどという行為で、勉強した感を満たされたら最悪です。

 

 

 

≪電子辞書への批判②‥紙だと広い情報が視野に入るから前後の単語や細かい情報も覚えることが出来る!電子辞書ではその一単語しか覚えられない!≫

 

電子辞書は画面の制約上前後の単語の意味が詳しく出てくることがないですから、その点への批判でしょうね。ですが私からすると紙の辞書は特に見たくない情報が、しかも小さい文字で襲い掛かってくるような感じがして「うわっ」という感じがしてしまいます。初学者であれば基本的に辞書って自分が知らないことの方が多いと思うので、知らない情報、難しいと感じる情報がページ全体に載っているとなんだか嫌な気分になってしまうと思います。

それお前だけの意見や感想だろ!って思われた方もいるかもしれません。ですが試しに図書館や本屋に行って自分が全然知らない分野や興味のない分野の本の適当なページを1ページ見開きで見てみて下さい。きっと何だこりゃ、つまらない、訳が分からないという感想になると思います。中学生から見た英語の辞書ってこの感覚に近いと思うのです。小さな文字がびっしり、自分の知らない単語だらけ、慣れない文字だらけ。これでは辞書を引くことから遠ざかってしまうのも無理はないと感じます。で本棚の置物と化してしまうという事態になってしまうんですね。ですから私は単語帳をおすすめしているのです。

 

そして、これはそもそも論なんですが周りの単語を見る人ってどれくらいいるんでしょう。私は好奇心が旺盛ではなかったからかもしれませんが、国語辞典を含めても周辺の単語を見ようとしたことは今までであまり記憶にありません。辞書を引く時って基本的に英文を読んでいたり、問題集を解いていたりという目的があるので、そちらに集中しているんですよね。周りの単語を見るという人がどれだけいるのかどなたかリサーチしていただけるとありがたいです。

 

 

ということでかなり長くなりましたが、私が電子辞書を勧める理由を今回はまとめてみました!本日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/

後ろに動名詞しか取らない動詞たち全13個【高校受験用】~中学生、指導者は必見!~ 

文法

こんにちは。えねぐーです。

今日は受験で頻出の動名詞についてのお話です。

 

中学2年生で学習する動名詞ですが、不定詞と絡んで出題されることもあり苦手にしている方も多いかもしれません。今日はそんな動名詞で最難にして再頻出である、「後ろに動名詞しか取らない動詞全13個」の暗記法をご紹介します。全13個というのはあくまで高校受験の話ですからね!!

従ってあくまで高校受験に対応した暗記法なので、高校生はこの記事で中学生レベルの単語を抑えてから難しい高校範囲の単語を暗記していくという方法が良いかと思います。では本論に入っていきます。

 

〈高校受験で出題される可能性のある、「後ろに動名詞しか取らない動詞」全13個〉

avoid, deny, enjoy, escape, finish, give up, mind, miss, imagine, practice, put off, stop, suggest

 

 

後ろに不定詞しか取らない動詞が前向きな未来志向なイメージなのに対して、後ろに動名詞しか取らない動詞は、過去、マイナスのイメージの動詞が多いです。と言われても暗記に直接役立つかはいささか微妙な所があるので、お待ちかねの暗記法を以下記述していきますね!

 

 暗記法①‥語呂合わせ

➡「メガフェップスでない!」

 ※MEGAFEPSでない!

 ※(imagineだけこの語呂合わせに出てこないので、別に覚える)

 

M‥mind 嫌がる、気にする  miss し損なう

E‥enjoy  楽しむ

G‥give up 諦める

A‥avoid 避ける

F‥finish 終える

E‥eacape 逃げる

P‥practice 練習する  put off  延期する

S‥stop 止める             suggest 提案する

デナイ‥deny 否定する

★imagine 想像する

 

でない!まで含めて語呂合わせなので注意してくださいね。最後の!はあってもなくてもどっちでもいいです笑。

多分英語で語呂合わせと言ったらこれが一番有名なのではないでしょうか。この語呂合わせを使えばimagine以外の動詞は暗記することが出来ます。巷では、「メガフェップスなんていうくだらない語呂合わせで暗記をされるなんてナンセンスだ!」という批判もあるようですが、私の経験では少なくとも中学英語の範囲だったら丸暗記をまずメガフェップスでない!でしてもらって、その後に問題集などで実際に使っていくというやり方が一番早くて楽で確実だと思います。

具体的な覚え方としては、とりあえず「メガフェップスでない!」を唱えて、13個の動詞が何も見ない状態で言えるようになりましょう。そうすれば問題集でこれらの動詞を発見した時に、「これはメガフェップスでない!の中に入っていたから後ろは動名詞にしなきゃ!」という注意が働くと思います。動名詞が文法問題で出てくるのはこの論点が主なので、これで動名詞を大部分攻略できるはずです。

 

暗記法②‥グループ別暗記法

語呂合わせはどうしても嫌だという方には動詞をグループに分けて、暗記してもらいます。※印はそれぞれのイメージです。

 

❶逃避系

avoid(避ける)※逃避の避ける

miss(し損なう)逃避の逃す

escape(逃げる)逃避の逃げる

put off(延期する)現実からの逃避

deny(否定する)逃避➡否定

 

❷中断系

give up(諦める)※諦めて中断する

finish (終える)※終わったので中断する

stop(止める)※止めるので中断する

 

❸反復系

practice(練習する)※練習は何度もするもの

mind(嫌がる)※嫌なことが頭で反復してしまっているイメージ

enjoy(楽しむ)※趣味などを何度も楽しむイメージ

imagine(想像する)※想像や妄想が頭の中で反復するイメージ

 suggest (提案する) ※何度も何度も先生に提案するイメージ

 

こじつけっぽいものもあるかもしれませんが、一応3つのグループに奇麗に分けることが出来ました!この方法で暗記をしようとする人は、逃避っぽい動詞、中断っぽい動詞、反復っぽい動詞は後ろに動名詞を取るんだったなー!ということをしっかり暗記しましょう。

 

今回2つの方法を紹介しましたが、やはり私のお勧めは①のメガフェップスでない!という暗記法です。なぜなら暗記の漏れが少なくなりますし、入試会場で迷ったら全部書き出してみて確認できるという最終手段に打って出ることが可能ですから。(そのためにも全部書き出せる訓練を日頃から行いましょう)

 

 ちなみに今回の13個の動詞は私が独自の視点で高校受験で出る可能性がある程度あるものを選定させて頂きました。私の手元の中学生用の単語帳ではdeny以外は掲載されていました。avoidとdenyは難関高校でしか出題されないでしょうが、覚えておいて損はないのと、語呂合わせがキレイに決まるので(笑)入れされて頂きました。

 

 

ということで今日は文法というか語法の記事でした!本日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/

早慶必勝αクラスに入れ!~早稲アカから早慶附属高校に行くには!?Part②~

早慶必勝 早稲アカ

こんにちは。えねぐーです。

 

今日は”早稲アカから早慶附属高校に行くにはシリーズ”第2弾です。

 以前の記事では、通年のクラスで特訓クラスに入ることが大事だと述べました。

juniorhighschoolenglish.hatenablog.com

 

 

今日は秋以降に開校する必勝クラスについてのお話です。

 まず簡潔に結論を述べますと、早慶必勝のαクラスに入ることがとても大事です。βクラスではダメです。以下理由を説明します。

 

まず一般に言われていることとして、「駿台模試で3科平均(国、数、英)が60を超えていれば、早慶附属を複数受ければその内の一つはほぼ確実に受かるだろう」という通説があります。この要件を満たした生徒が集まるのが早慶必勝αクラスなのです。分かりやすく言うと、αに入っていればほぼ100%早慶附属校のどこかに受かります。

 

これがβ以下のクラスになってくると、駿台模試の3科平均で60を超える生徒はほぼいなくなってくるでしょう。こうなると早慶に受かる生徒はかなり減ってきて、全敗がざらに出るという感じになります。私の感覚と推測では早慶βから実際に早慶に受かる生徒は6、7割くらいという所でしょうか。

※(あくまで私の実体験を元にしての推測です。実際の所は会場や年度によって大きく異なるでしょうから、詳しく知りたい人は校舎の先生に怖がらずに合格率を聞きましょう。悪すぎて教えてくれないかもしれませんが笑)

 

早稲アカからすると、放っておいても受かるであろうαクラスと違ってこのβ以下のクラスからどれだけの生徒が早慶に受かるかが塾の実績の大きなカギを握ってくるので、早慶にギリギリ受かるか受からないかくらいの生徒も早慶必勝に受け入れてくれはします。もしかしたら受かるかもしれない生徒をやる気にさせて、運よく受かってくれたら塾の実績になりますから。

しかしながら、これは裏を返すと早慶に受からないかもしれないのに早慶志望の講座にお金を払わなければならないという悲しい現実なのです。早慶必勝β以下に配属されてしまった生徒は、早稲アカから「君は早慶に受かる可能性があるよ」と言われているのと同時に、「君はかなりの確率で早慶には受からないかもよ、でもお金は払ってね」と言われていることと同義なのです。早慶という3科の受験に振り切っている受験生は都立の対策はあまりしていないでしょうから、早慶を逃すダメージは計り知れないものになります。

 

こうした悔しい宣告を貰う前、つまり夏より前の段階で早稲アカに通っている生徒は頑張って勉強しましょう。早慶必勝αに実力で入ってしまえば、あとは周りに引っ張られて自然に努力するようになるでしょう。こうなれば早慶全勝も夢じゃありませんよ!

 

この記事を見てくれた早稲アカ生が少しでも危機感を持って勉強をしてくれれば幸いです。本日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/

 

次回は早慶に受かるための具体的な勉強方法をお伝えします!

 

決断と決定の違いとは!? 

こんにちは。今日は英語から離れた記事を書いていきたいと思います。

 

 

突然ですが、みなさん「決断」と「決定」は何が違うの?って聞かれたらなんて答えますか?

 

どちらも決めるっていうことじゃないの?と思われた方もいるかもしれません。

英語にするとどちらもdecisionという単語になりますしね。しかしながら、似たような意味でもこの2つには大きな差があるように私には思えるのです。

 

 

まず辞書で定義を調べてみましょう。

【決定】…物事をはっきりと決めること。物事がはっきりと決まること。また、その内容。「会議の日取りを―する」「―権」

【決断】…意志をはっきりと決定すること。「―を迫られる」「転職を―する」 

                            どちらもgoo辞書より

 つまり決断は、「はっきりと決定する」とありますから重さとしては決断>決定となりそうですね。

 

次に2つの漢字を見てみましょう。

決定は決めて定める。決断は決めて断つ。と分解できます。つまり決定はどの方向に向かうか決める。

決断は決めて、他の選択肢を断つということになりそうです。

 

これはどういうことでしょうか。2つ具体例を用いて説明します。

 

①あなたはお腹が空いているのでマックか牛丼屋の2つで迷っています。「今日はなんかお米が食べたいから牛丼屋に行こう!」

これは決定です。なぜなら牛丼を食べている間に、「やっぱりマックに行きたくなったのでチーズバーガーを買いに行こう!」ということだってできるからです。全くもって他の選択肢を自らの意思で排除出来ていません。覚悟をもって牛丼を選んだわけではないから、いつだって違う選択肢に戻ることが出来てしまうのです。

仮に、「俺は死んでも牛丼を食べる!何が何でも牛丼以外は食わん!」という強い覚悟で牛丼屋に入ったとしたらそれは決断になるかもしれません。ですがたかが昼食にそこまで強い覚悟を懸ける人は少ないでしょうから、ほとんどの人にとって決定になるわけです。

 

 

ではこういう例はどうでしょう。

②あなたは中学3年生の受験生です。偏差値は模試で40しかないけれど、どうしても行きたい高校の偏差値は60もあります。ここであなたは自分の持っている時間の全てを勉強に捧げることを誓いました。ご飯を食べている時間も、楽しくテレビを見る時間も、スマホを触る時間も、友達としゃべる時間も、幸せな家族団らんの時間も全てです。

もしあなたのこの考えが揺るぎないもので、自分とのこの誓いが入試の日まで遵守することができるならば、これが間違いなく決断と言えるでしょう。なぜならばあなたは自らの意思で勉強に向けて他の選択肢を断っているからです。

逆に意思がふわふわしていて「やっぱりテレビ見ちゃお!」とかいう思考に走ってしまったら、これは単なる決定だったというわけです。あなたの選択は、お昼ごはん何食べようかなーと同じくらいの低いレベルだったという訳ですね。

 

 

私が2つの例を通して伝えたかったことは、決断はとんでもなく重いものだということです。大事な何かを断ってまで、目標や夢を掴むのはとても大変なんです。それでも何か欲しいものがあるなら、決断して、今の自分の悪いとこをを断って、目標へと進みましょう。そうすれば自分の決めたことだから、それ以外のことは目に入らなくなるはずです。

 

人生は短いし、1年はもっと短い。1日はあっという間で、1時間はぼーっとしてたらすぐ過去になってしまう。限りある私たちの時間と、人生を有効に使うために早く決断しましょう。そして悪い習慣は断捨離しましょう。これが受験、いや人生で最も大事なことのうちの1つかもしれませんね。

 

 

では今日はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました!

~リスニングで聞き取るコツ~ 高校受験用リスニング攻略法!

こんにちは。えねぐーです。

今日は高校受験をする中学生のために、リスニングの勉強法を書いていきます。リスニングが出来ない理由を解説した後に、具体的な勉強方法とコツを書いていきたいと思います。

都立や県立を受ける方だけではなく、国立や私立の難しいリスニングが出題される高校にも対応した内容を書くので全中学生に見てほしいです。塾がリスニング対策をしてくれなくて困っている人も是非見て下さい。それではよろしくお願いします!

 

まず初めに中学生がリスニングが出来ない理由を下に列挙しておいたので、自分がどこに当てはまるか考えてみてください!

  •  そもそも基本的な文法が分かってない

これはリスニング以前の問題です。教科書レベルが分からないと、リスニングどころではないので文法と基本的な単語を勉強してからリスニング対策をしましょう。

 

  • 正しい単語の発音を知らない

Sweaterをセーターと読んでいるようでは、瞬時に聞き取ることが出来ません。正しくはスウェターで、アクセント(強く読むところ)も異なります。日々の単語学習でCDがついた単語帳を使い、正しい発音を意識して下さい。

http://www.weblio.jp/img/dict/kenej/audio/S-B1F73FC_E-B1F930C.mp3(音が出ます)

 

  • 単語の意味がすぐに出てこない

リスニング中に「この単語どういう意味だっけ…」となったらおしまいです。リーディングと違って流れる音声は君を待ってくれませんから。単語がパッと出てくるようにするために単語帳ボロボロなるまで暗記しまくりましょう。

 

高校受験のリスニングで必ず要るかと言われると少し疑問符が付きますが、英語にはリエゾンと呼ばれる特殊な音の変化が存在します。簡単に説明すると、単独で存在する音と、複数の単語が混ざり合った時では発音がかなり異なるのです。

みなさんがよく知っている例を1つ挙げると、何かを依頼するときに使うWould you~という表現がありますね。単独ならwouldはウドゥ、youはユーですが、2つの単語が組み合わさるとウドゥユーではなくウヂューという発音になりますよね?

似たようなルールが他にもいくつか存在しますが、体系的に学ぶには参考書が必要です。おすすめは、

英語リスニングのお医者さん 初診編(CD1枚付き)

英語リスニングのお医者さん 初診編(CD1枚付き)

 

 これです。例えば、call at なら「コール・アット」ではなく、「コーラット」と発音されることなどに慣れてきます!たくさんの例が載っていますし、そこまで時間もかからないので是非これを一度使ってみてください!

 

 

≪具体的な勉強方法≫

『英語リスニングのお医者さん 初診編』が終わったら、自分が受ける高校の過去問を一回聞いてみましょう!これでそこそこ聞けたらいいのですが、なかなかそう上手くもいかないでしょう。

ではどうすればいいのかというと、CD付の長文問題集を買って、長文読解演習とリスニングを同じ参考書を使い同時並行でまとめてやってしまうのです!おすすめは東進の安河内先生が出しているシリーズか、武藤先生が共著で出している参考書です。

 

 

英語長文レベル別問題集 1(超基礎編) (東進ブックス レベル別問題集シリーズ)

英語長文レベル別問題集 1(超基礎編) (東進ブックス レベル別問題集シリーズ)

 

 レベル1はある程度勉強した受験生からすると簡単かもしれないので、飛ばしてもOK

 

英語長文レベル別問題集 2(基礎編) (東進ブックス レベル別問題集シリーズ)
 

 

英語長文レベル別問題集 (3) 標準編 (東進ブックス―レベル別問題集シリーズ)

英語長文レベル別問題集 (3) 標準編 (東進ブックス―レベル別問題集シリーズ)

 

 

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1 超基礎編

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1 超基礎編

 

 

イチから鍛える英語長文Basic (CD&別冊「トレーニングブック」つき (大学受験TERIOS))

イチから鍛える英語長文Basic (CD&別冊「トレーニングブック」つき (大学受験TERIOS))

 

 全て大学受験用の参考書っぽく書かれていますが、中身はほぼ高校入試の長文から構成されている参考書なので実は中学生に一番お勧めです!

前の記事でも書いたのですが、高校入試業界は参考書の数が少なく、CDなんかなくてもどうせ中学生は買ってくれるだろ‼という出版社の態度が透けて見えます。なのでこのブログを読んでくれている中学生は、その魂胆に乗らずに上記のCD付の長文問題集を使い長文力とリスニング力を同時に伸ばしていきましょう!

 

でも買ったはいいけど、「実際CDはどう使えばいいの?」という方の為にとっておきの勉強法をお伝えします。

それは…【シャドーイング】です!

 

具体的なやり方は、①必ずイヤホンをつけて、②CDの音声が流れた1~2秒後位を目安に影のようにCDの音を真似しながら、③ついていって音読するだけです。最初はもちろん本文を見ながらでOKなので何度も繰り返しましょう。1つの長文につき10回くらいやれたらOKです!非常に疲れると思いますが、通訳者になりたい人用に開発された勉強法なのでとても効果があります!

このような学習を継続し、入試が近づいたら過去問の最終チェックをすれば準備万端です!

 

 

最後にリスニングのコツを言います。それは継続して英語を聞くことです。一朝一夕ではリスニング力は身に付きません、頑張りましょう!

それでは、本日もお読みいただきありがとうございました(^^)/

~中学生よ、紙の辞書なんて絶対買うな!~ 英語は辞書より単語帳!

こんにちは、えねぐーです。

今日はTLでこんなツイートを見かけたので、辞書について書いていこうと思います。

 

 

まずいきなりですが結論を書きます。受験を見据えた時に、中学生は基本的に辞書を購入する必要はありません!どうしても必要になったら中学校の教室に置いてあるのを見ましょう。本棚に一冊くらい置いてありますよね。

 

私が思う正解は、

≪STEP❶≫高校受験用の英単語帳を一冊買う。

⇒≪STEP❷≫大学受験用の電子辞書を買う。  

 という方法です。

 STEP❶をきちんとやって、物足りなくなったらSTEP❷へ移って下さいね。

 

※そして一番やってはいけないことは中学生用(高校受験用の)の電子辞書を買うこと!理由は最後に書きますね。

 

 

まずみなさんは何の為に辞書を買うのでしょうか?辞書を使って単語を覚えようとする人はなかなかいないでしょうから、当然知らない単語や発音を調べるために買うのだと思います。その時にどんな辞書が良いのでしょうか?いくつか大切な要素を挙げていきましょう。

 

①持ち運びがしやすいこと

みなさん自分の部屋だけで勉強するわけではないですよね?むしろ自分の部屋ではなかなか集中できないから図書館や、塾の自習室なんかを使っている子も多いと思います。その時に重い辞書を持っていくのってすごく面倒だと思います。なのでなるべく軽くて小さい、だけど情報がしっかり入っているものが理想です。

カッコつけて重くて分厚いものを選ぶと、家の本棚を占領するだけになってしまうのでよく注意して買うようにしましょう。現に国語辞典が家の本棚で誇りをかぶっている人は要注意ですね!笑

 

②適切なレベルであること

例えば中学1年生なのに、いきなりジーニアスのような高校生が使うような分厚い辞書を選んでしまうと、説明は難しいし、辞書に書いてある記号の意味さえよく分からないと思います。

例えば名詞の前にCとかUとか記号がついていることがありますが、なぜこのような記号がついているのか詳しく解説してくれている辞書でないと最初の辞書としては不向きですね。こうなると辞書を引くだけで疲れて勉強をしたつもりになってしまうので要注意です。

 

③なるべく安いこと

せっかく何千円かするものなのだから、自分の学力を高めてくれるものがいいですよね。なるべく費用をかけずに大学受験まで対応できる辞書がベストなはずです。

 

④発音がわかること

紙の辞書だと発音記号は書いてありますけど、見てもいまいちわからないですよね?なので音声を聞けることはとっても大事です!

 

ということで今回は私が思う4つの大事な要素を書いてみました。ではなぜ私が

STEP❶英単語帳を一冊買う。⇒STEP❷大学受験用の電子辞書を買う。

という2つのものを勧めるのかを説明しますね。

 

≪STEP❶≫高校受験用の英単語帳

まず、みなさんが調べたいと思う教科書や問題集に載っている英単語はほぼ全て高校受験用の英単語帳に載っているはずです。そしてそれらは入試に出てくるような大事な意味、よく使われる意味だけ載せてくれているのでとてもシンプルで分かりやすいです。故に辞書みたいにごちゃごちゃしていないので、やる気を奪われることも少ないです。更に最近の単語帳は音声を聞けるので正しい発音を学べます。ですから中学生は辞書ではなくて単語帳を買うのがベストです。

単語帳は以下のものがお勧めです。全て音声がタダで聞けるのも辞書と違ってとてもいい所ですね!

 

 

システム英単語 中学版

システム英単語 中学版

 

 

 

高校入試 でる順ターゲット 中学英単語ターゲット1800 三訂版

高校入試 でる順ターゲット 中学英単語ターゲット1800 三訂版

 

 

 

高校入試 世界一わかりやすい中学英単語

高校入試 世界一わかりやすい中学英単語

 

 

 

[音声DL付]改訂版 キクタン【中学英単語】高校入試レベル
 

 

どれも見ても分かる通り1000円台で、辞書ほど高くないです。中学生用の紙の辞書を買っても数年で使わなくなるし、重くてかさばるし、値段が割と高いんですよね。単語帳なら大きさも普通の本くらいなので、毎日カバンに入れても邪魔になりません。ですから私は中学生用の辞書を買うより、まず英単語帳を辞書替わりに使って、英単語帳を一冊完璧にすることが大事だと思います。

 

≪STEP❷≫大学受験用の電子辞書

もしあなたが開成高校慶應女子高校を目指すことになったり、高校生になったりしたら、上の単語帳では物足りなくなってくるでしょう。そうしたら満を持して大学受験用の電子辞書を買いましょう。これは値段が数万円するのでとても安いとは言えないですが、英英、英和、和英、国語辞典、社会、理科、数学の公式などなどありとあらゆるものが入っているので絶対に買うべきだと思います。私は進学校に通っていましたが、電子辞書を毎日学校に持ってきている人はとても多かったです。それくらい高校生になるとよく使うということですね。ですからSTEP❶で単語帳を一冊完璧にした後は電子辞書で知らないものを調べるようにしましょう!

 

お父さんとお母さんには、「勉強頑張りすぎて自分は普通の単語帳では物足りなくなってしまったんだ‼だから頭を良くするために電子辞書をが必要なんだ!」ということをきちんと説明して納得させましょう。大人は子供が頑張っているところを見るのが大好きなのでそこを上手にくすぐってあげるんです。笑 単語帳適当に開いて「自分にテストしてみて!」なんて言うのもお勧めです。「お前ホントに全部覚えたんだな!偉いな!」という流れで買ってくれるかもしれませんよ。

 

最後になぜ中学生用の電子辞書を買うことがいけないかというと、高校生になったらガラクタになってしまう物に何万円かけるのは勿体なすぎるからです(´;ω;`)

 

本日は辞書と単語帳について書きました。最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

 

 

「だれによって~されるか」 By whom~ を用いた受動態の作り方!

文法

こんにちは。えねぐーです。

今日は受動態の発展編である『By whom~ 』を用いた表現の作り方を解説します。中学生だけでなく、高校生にも役に立つはずです!参考書ではなぜそのようになるのかの成り立ちを説明していないことが多いので是非参考にして下さい!

 

では早速作り方を展開していきます。

 

①Tom invented the machine.(トムはその機械を発明した。)

これはただの過去形ですね。  次に受動態にします。

                          

②The machine was invented by tom.  (その機械はトムによって発明された。)

次にこれを疑問文にしてみます。       

 

③Was the machine invented by Tom?  (その機械はトムによって発明されましたか?)    

ここまでは難しくありません。ここで③の文章では、質問する人はトムがその機械を発明したのではないかという予測が立っていますが、全く見当がつかない場合は皆さんなんていう風に質問しますか?

「誰によってその機械は発明されましたか?」

ですね。普通の疑問文から疑問詞を用いた疑問文にするには、分からないところを疑問詞に変えて、文の先頭にくっつけるという方法で作ります。

よってTomを疑問詞に変えたいのですが、ここで問題になってくるのが③の文でのTomの格です。ここでのTomは前置詞byの目的語となっているので、目的格となっています。人の目的格(誰に、誰を)を疑問詞に変化するときはwhomかwhoを使います。以下の写真の上の図表の、右上のマスを参考にしてみて下さい。

f:id:juniorhighschoolenglish:20170411084151j:plain                          INSPIRE総合英語 改訂版より

              INSPIRE総合英語―高校英語の総合力完成 (シグマベスト)

 

よって、❶Was the machine invented by whom?(Tomをwhomに置き換えた状態)       ⇒Whom was the machine invented by ?(whomを先頭に持ってきて完成!)

 

             ❷ Was the machine invented by who?(Tomをwhoに置き換えた状態)          ⇒Who was the machine invented by ?(whoを先頭に持ってきて完成!)

 

という2タイプの文が完成しました。ところで、❶の文章は、後ろのbyを先頭に持ってくることも出来ます。そうすると、

               ❸By whom was the machine invented ?

 

という3つ目の文章の完成です!これで3つのタイプの受動態が完成しました(^^)/

このようにプロセス(過程)を重視すれば簡単に作れるので是非自分で作れるようにしてみて下さい!何か不明な点があればコメント欄へお願いします!本日もお読みいただきありがとうございました☺