読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えねぐーの日記

高校受験英語についてのブログです

~リスニングで聞き取るコツ~ 高校受験用リスニング攻略法!

こんにちは。えねぐーです。

今日は高校受験をする中学生のために、リスニングの勉強法を書いていきます。リスニングが出来ない理由を解説した後に、具体的な勉強方法とコツを書いていきたいと思います。

都立や県立を受ける方だけではなく、国立や私立の難しいリスニングが出題される高校にも対応した内容を書くので全中学生に見てほしいです。塾がリスニング対策をしてくれなくて困っている人も是非見て下さい。それではよろしくお願いします!

 

まず初めに中学生がリスニングが出来ない理由を下に列挙しておいたので、自分がどこに当てはまるか考えてみてください!

  •  そもそも基本的な文法が分かってない

これはリスニング以前の問題です。教科書レベルが分からないと、リスニングどころではないので文法と基本的な単語を勉強してからリスニング対策をしましょう。

 

  • 正しい単語の発音を知らない

Sweaterをセーターと読んでいるようでは、瞬時に聞き取ることが出来ません。正しくはスウェターで、アクセント(強く読むところ)も異なります。日々の単語学習でCDがついた単語帳を使い、正しい発音を意識して下さい。

http://www.weblio.jp/img/dict/kenej/audio/S-B1F73FC_E-B1F930C.mp3(音が出ます)

 

  • 単語の意味がすぐに出てこない

リスニング中に「この単語どういう意味だっけ…」となったらおしまいです。リーディングと違って流れる音声は君を待ってくれませんから。単語がパッと出てくるようにするために単語帳ボロボロなるまで暗記しまくりましょう。

 

高校受験のリスニングで必ず要るかと言われると少し疑問符が付きますが、英語にはリエゾンと呼ばれる特殊な音の変化が存在します。簡単に説明すると、単独で存在する音と、複数の単語が混ざり合った時では発音がかなり異なるのです。

みなさんがよく知っている例を1つ挙げると、何かを依頼するときに使うWould you~という表現がありますね。単独ならwouldはウドゥ、youはユーですが、2つの単語が組み合わさるとウドゥユーではなくウヂューという発音になりますよね?

似たようなルールが他にもいくつか存在しますが、体系的に学ぶには参考書が必要です。おすすめは、

英語リスニングのお医者さん 初診編(CD1枚付き)

英語リスニングのお医者さん 初診編(CD1枚付き)

 

 これです。例えば、call at なら「コール・アット」ではなく、「コーラット」と発音されることなどに慣れてきます!たくさんの例が載っていますし、そこまで時間もかからないので是非これを一度使ってみてください!

 

 

≪具体的な勉強方法≫

『英語リスニングのお医者さん 初診編』が終わったら、自分が受ける高校の過去問を一回聞いてみましょう!これでそこそこ聞けたらいいのですが、なかなかそう上手くもいかないでしょう。

ではどうすればいいのかというと、CD付の長文問題集を買って、長文読解演習とリスニングを同じ参考書を使い同時並行でまとめてやってしまうのです!おすすめは東進の安河内先生が出しているシリーズか、武藤先生が共著で出している参考書です。

 

 

英語長文レベル別問題集 1(超基礎編) (東進ブックス レベル別問題集シリーズ)

英語長文レベル別問題集 1(超基礎編) (東進ブックス レベル別問題集シリーズ)

 

 レベル1はある程度勉強した受験生からすると簡単かもしれないので、飛ばしてもOK

 

英語長文レベル別問題集 2(基礎編) (東進ブックス レベル別問題集シリーズ)
 

 

英語長文レベル別問題集 (3) 標準編 (東進ブックス―レベル別問題集シリーズ)

英語長文レベル別問題集 (3) 標準編 (東進ブックス―レベル別問題集シリーズ)

 

 

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1 超基礎編

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1 超基礎編

 

 

イチから鍛える英語長文Basic (CD&別冊「トレーニングブック」つき (大学受験TERIOS))

イチから鍛える英語長文Basic (CD&別冊「トレーニングブック」つき (大学受験TERIOS))

 

 全て大学受験用の参考書っぽく書かれていますが、中身はほぼ高校入試の長文から構成されている参考書なので実は中学生に一番お勧めです!

前の記事でも書いたのですが、高校入試業界は参考書の数が少なく、CDなんかなくてもどうせ中学生は買ってくれるだろ‼という出版社の態度が透けて見えます。なのでこのブログを読んでくれている中学生は、その魂胆に乗らずに上記のCD付の長文問題集を使い長文力とリスニング力を同時に伸ばしていきましょう!

 

でも買ったはいいけど、「実際CDはどう使えばいいの?」という方の為にとっておきの勉強法をお伝えします。

それは…【シャドーイング】です!

 

具体的なやり方は、①必ずイヤホンをつけて、②CDの音声が流れた1~2秒後位を目安に影のようにCDの音を真似しながら、③ついていって音読するだけです。最初はもちろん本文を見ながらでOKなので何度も繰り返しましょう。1つの長文につき10回くらいやれたらOKです!非常に疲れると思いますが、通訳者になりたい人用に開発された勉強法なのでとても効果があります!

このような学習を継続し、入試が近づいたら過去問の最終チェックをすれば準備万端です!

 

 

最後にリスニングのコツを言います。それは継続して英語を聞くことです。一朝一夕ではリスニング力は身に付きません、頑張りましょう!

それでは、本日もお読みいただきありがとうございました(^^)/