読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えねぐーの日記

高校受験英語についてのブログです

早慶必勝αクラスに入れ!~早稲アカから早慶附属高校に行くには!?Part②~

早慶必勝 早稲アカ

こんにちは。えねぐーです。

 

今日は”早稲アカから早慶附属高校に行くにはシリーズ”第2弾です。

 以前の記事では、通年のクラスで特訓クラスに入ることが大事だと述べました。

juniorhighschoolenglish.hatenablog.com

 

 

今日は秋以降に開校する必勝クラスについてのお話です。

 まず簡潔に結論を述べますと、早慶必勝のαクラスに入ることがとても大事です。βクラスではダメです。以下理由を説明します。

 

まず一般に言われていることとして、「駿台模試で3科平均(国、数、英)が60を超えていれば、早慶附属を複数受ければその内の一つはほぼ確実に受かるだろう」という通説があります。この要件を満たした生徒が集まるのが早慶必勝αクラスなのです。分かりやすく言うと、αに入っていればほぼ100%早慶附属校のどこかに受かります。

 

これがβ以下のクラスになってくると、駿台模試の3科平均で60を超える生徒はほぼいなくなってくるでしょう。こうなると早慶に受かる生徒はかなり減ってきて、全敗がざらに出るという感じになります。私の感覚と推測では早慶βから実際に早慶に受かる生徒は6、7割くらいという所でしょうか。

※(あくまで私の実体験を元にしての推測です。実際の所は会場や年度によって大きく異なるでしょうから、詳しく知りたい人は校舎の先生に怖がらずに合格率を聞きましょう。悪すぎて教えてくれないかもしれませんが笑)

 

早稲アカからすると、放っておいても受かるであろうαクラスと違ってこのβ以下のクラスからどれだけの生徒が早慶に受かるかが塾の実績の大きなカギを握ってくるので、早慶にギリギリ受かるか受からないかくらいの生徒も早慶必勝に受け入れてくれはします。もしかしたら受かるかもしれない生徒をやる気にさせて、運よく受かってくれたら塾の実績になりますから。

しかしながら、これは裏を返すと早慶に受からないかもしれないのに早慶志望の講座にお金を払わなければならないという悲しい現実なのです。早慶必勝β以下に配属されてしまった生徒は、早稲アカから「君は早慶に受かる可能性があるよ」と言われているのと同時に、「君はかなりの確率で早慶には受からないかもよ、でもお金は払ってね」と言われていることと同義なのです。早慶という3科の受験に振り切っている受験生は都立の対策はあまりしていないでしょうから、早慶を逃すダメージは計り知れないものになります。

 

こうした悔しい宣告を貰う前、つまり夏より前の段階で早稲アカに通っている生徒は頑張って勉強しましょう。早慶必勝αに実力で入ってしまえば、あとは周りに引っ張られて自然に努力するようになるでしょう。こうなれば早慶全勝も夢じゃありませんよ!

 

この記事を見てくれた早稲アカ生が少しでも危機感を持って勉強をしてくれれば幸いです。本日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/

 

次回は早慶に受かるための具体的な勉強方法をお伝えします!